Football道

オランダでフィジオを目指す学生の、見て、知って、感じて、思ったこと。

海外で日本の携帯を使う最も簡単でメジャーな方法3つ

f:id:tatsuki_11_13:20171106000530j:plain

皆さんこんにちは!

近頃はグローバル化と言われておりますが、ビジネスの世界に限らず一般の旅行でも海外に行くハードルは下がってきているんじゃないでしょうか。

 

なんですが、さぁ海外に行こう!ってなった時に問題としてついてくるのが携帯電話あっちでどうするの?ってところだと思います。そのまま使うと、莫大な利用料が日本であなたの帰国を待っています。

という訳で、日本の携帯を海外で使う方法について簡単にまとめようと思います。

 

 

 

レンタルのポケットWi-Fiを借りる

f:id:tatsuki_11_13:20170827072259p:plain

これが、短期旅行ではもっとも利用される方法だと思います。

システムは簡単ですね、日本にもポケットWi-Fiがありますが、それの海外バージョンをレンタルするという訳です。

勘違いされている方がたまにいらっしゃいますが、ポケットWi-Fiは電波がなければ使えません。ご注意ください。

 

値段としては500円/日程度で借りれるので、短期ではベストな選択肢になります。

 

基本的に、空港にレンタルしている会社の売店があって、そこで借りて返します。

なんですが、現地について現地の物を借りることも出来ますが、自分は日本で借りて行くのがおススメです。

というのも、最終日に飛行機の時間やなんやらでWi-Fiを返せなかった時、郵送するのですが、海外で借りると海外に輸送しなくてはなりません。日本なら国内の輸送で済むので手続きも簡単、かつ送料もレンタル会社が持ってくれるケースがほとんどなので、そういう場合のリスクがゼロです。

 

近頃は、ポケットWi-Fi会社も数が多くなり、どれがいいのか分かりにくくなりました。

そこで、おすすめなのが皆さんご存知の価格.comです。ポケットWi-Fiの比較もしてくれます。どこの国何GB必要かで簡単に比較できるのでおススメです。

kakaku.com

 

SIMだけ買って、差し替える。

f:id:tatsuki_11_13:20170827072253j:plain

こちらは、2週間以上の長期滞在ではベストの選択肢になります。

つまりは、海外の電波をそのまま使えるようにするという訳です。

SIMカード1か月単位で購入することが出来て、国にもよりますが4000円/月程度で、使えるので意外とお得です。

 

しかし、注意しなければいけないことが2つあります。

①携帯はSIMフリー対応機種か。

SIMロック解除の申し込みが出来るか。

です。

 

①携帯はSIMフリー対応機種か。

どの携帯にも、確かにSIMカードは入っています。しかし、問題はそのSIMカードが取り外して違うSIMを入れても使えるかということです。これは機種によって決まってます。

ちなみにiPhoneの場合、2015年5月以降に販売した端末はSIMフリー対応可能です。

アンドロイドなどの場合は機種ごとに調べる必要があります。

 

SIMロック解除の申し込みが出来るか。

SIMフリー対応機種であった場合であっても、SIMロックというものが解除できないパターンがあります。それのパターンはdocomoauSoftbankどれも同じです。

 

「端末購入から100日が経過していること。」です。

 

つまり、端末購入から101日目からSIMロック解除の申し込みが出来ます。これは、購入から100日未満で格安SIMに乗り換えられると困るという訳で、こういうシステムになっています。

 

SIMロック解除の申し込みはどのキャリアでも、オンラインでお客様サポートから行う方法と店頭に言って行う方法の2つがありますが、店頭に行くと3000円ほどの手数料がかかるため、オンラインで行うことをお勧めします。

詳しくは下のサイトをどうぞ↓

simchange.jp

 

SIMロック解除の申し込みが完了すれば、SIMカードを購入し、SIMカードを差し込み携帯購入時の初期設定SIMカード用に再度指示通りに行えば終了です。

おめでとうございます!

 

 

③町のフリーWi-Fiと滞在先のWi-Fiに頼る。

f:id:tatsuki_11_13:20170827072510j:plain

リスキーではありますが、タダで携帯を使える方法がこの方法です。

観光で行くような街にはよくフリーWi-Fiがあります。これはその観光地に人が集中することで電波が混みすぎて携帯が使えないという現象を防ぐためにあるので、有名な観光地では現実的に期待できる方法です。

 

また、滞在先のホテルにもWi-Fiがないということは、ほぼないんではないかと自分の経験では思っています。

 

まぁ、最悪スタバのようなカフェに行けばWi-Fiは使えますし、Wi-Fiを探しながら旅をするのも不可能ではありません。ただ、緊急時などのリスクは背負います。

 

ここで、Wi-Fiが使えなくなっても生命線のGoogle Mapを使って生き延びる知恵を紹介します。(まず、デフォルトの地図アプリではなく、Google Mapをダウンロードしてください。)

 

GPSは電波がなくても使える。

皆さんご存知でしたでしょうか。GPSは衛星と通信しているので、電波が繋がっていなくても使えるんです。なので、SIMやWi-Fiがなくても現在地だけは知ることが出来ます。

 

一度、携帯は電波が繋がっていないが自分がホームステイ先に帰らないといけないのに、どこのバス停で降りたらいいのか分からなくなった時がありました。その時に助かったのがこのGPSで、乗っているバスの現在地が家の近くまで行くのを待って、ここだ!っていう時にピンポーンとする方法で無事帰ることが出来たことがありました。

 

Google Mapの地図情報をWi-Fiのある所でロードしておく。

Google Mapは通信できる状態だと、地図の情報を取得しますが、電波がないとぼんやりした地図でここがどこだか分りません。しかし、一度地図の情報を得ると一定期間情報が保存されます

なので、Wi-Fi下で地図情報をロードしておくと、電波がないところでも地図を明細に見ることが出来ます。

 

③目的地や起点となるポイントにお気に入りのマークをして保存しておく

また上の地図情報ロードと同時に、目的地などをマークしておくとさっきの方法でバスから降りることが出来ます。

 

という感じです。

細かい情報はまた違うサイトでも探してみてください!