Football道

オランダでフィジオを目指す学生の、見て、知って、感じて、思ったこと。

終盤にエースを温存。本当に効果的?〜時間帯での怪我のリスク〜

f:id:tatsuki_11_13:20180110191545p:plain

みなさん、こんにちは!

オランダに移住するまで残すところあと2週間のたなかです!

 

みなさんは、「温存」と言えば何を想像するでしょうか??

近年、コンビニでは肉まん、串焼き、おでんまで様々なものが暖かく温存されるようになりました。

しかし、「温存」するのは、コンビニだけではありません。

 

プロサッカーの世界では、主力選手を「温存」することがあります。

近頃の過密日程を乗り切るためには、次節に出場することを考えて、早い段階で交代することで、

  • 疲労を少なく抑えることができる
  • 怪我のリスクを避けられる

ということはメリットが大きいと思います。

 

温存することで、疲労を抑えることができることはもちろんあると思いますが、

一方で、「怪我のリスクって10分や15分交代したぐらいで変わるの?」と思ったことはないでしょうか。

 

そら、出場時間を短くしたら、その時間分の怪我のリスクはなくなるだろうけど、最後の10分、15分で怪我するって誤差範囲じゃね?っと感じる人もいると思います。

 

なんですが、実は怪我率は時間帯によって変わります。

 

なので、時間帯の怪我率を知ることで、試合の状況と疲労に加えて怪我のリスクも踏まえて比較して、温存する・しないの判断ができれば、

温存のタイミングをさらに正確に、的確に考えることができます。

 

今回は、時間帯によっての怪我率の変動を紹介して、時間帯によって温存することへのメリットがどれくらいあるのかを考えていきたいと思います。

 

時間帯によって怪我率、どんぐらい変わるの?

 

まず、時間帯によって怪我率変わるって本当に変わるのかよ。

という話ですが、こちらのグラフをご覧ください。

f:id:tatsuki_11_13:20180110183846p:plain

こちらは、2002年の日韓W杯でFIFAが収集したデータをもとに作った、大会中に起きた怪我を時間帯別に分けたグラフです。

 

この怪我には、離脱が必要な怪我から離脱が必要ない軽い打撲まで含まれています。

 

怪我率は前半最初の15分から15分以降にかけて3倍近く上昇していて、

意外にも後半ではなく、前半の15〜45分の時間帯に最も怪我率が高くなっていました。

 

そして、ハーフタイムを挟んだ後半最初の30分間では、前半の終盤の半分程度の怪我率に下がっています。

そしてその後、後半のラスト15分で再度、怪我率が高くなっています。

 

簡単にまとめると、

前後半とも序盤は怪我率が低く、終盤に怪我率が高くなる傾向が見られました。

 

 

怪我率は、何故に時間帯によって変動するのか

時間帯の変化とともに何が変わった?

シンプルに考えて、試合中に変化するもので、怪我に影響しそうなことと言えば、「まー疲労でしょ。」となるところだと思います。

ですが、疲労が溜まるにつれて、怪我率が上昇するのであれば、

 

前半より後半の方が怪我率は高くなるはず!しかし、実際は前半の方が疲労度は高くなった!!!

 

ということは、単純に疲労が溜まったから怪我が起こりやすくなるという構図ではなくて、

「疲労が溜まった→何かが変わった→怪我率が高くなった。」

という方程式で、物事は動いているようです。

 

では、何が原因で怪我率が変動するのでしょうか。それを、明らかにするために新たなグラフを見てみます。

下のグラフは先ほどのグラフに怪我の起因を加えたグラフです。

f:id:tatsuki_11_13:20180110183858p:plain

 

ここで注目すべきは、

怪我率が高い時間帯だからといって、コンタクト(赤)の数は怪我率と同じように増えるわけではなく、

むしろ、ノンコンタクト(緑)やノーファールのコンタクト(黄)での怪我の数が、怪我率が高くなっている時間帯で高くなっていることです。

 

つまり、怪我率が高くなる原因は、ノンコンタクトやノーファール・コンタクトでの怪我が増えていることが原因というわけです!

 

わかりやすく、割合の円グラフに変えて見てみましょう。

f:id:tatsuki_11_13:20180110183909p:plain

 

怪我率が高くなる、前半の15−45分後半の30−45分では、ノンコンタクトの怪我の割合が大きく上昇しています。

 

一方で、その時間帯での怪我数が増えているにも関わらず、怪我数が増えなかったファウルタックルによる怪我は相対的に割合が低くなっています。

 

 

なぜ、けがの割合が変わるのか。

では、なぜ、ノンコンタクト、ノーファール・コンタクトによる怪我数は増え、ファールタックルによる怪我数は変わらないのか。

 

まず、ノンコンタクト、ノーファール・コンタクトによる怪我は、自身の体をコントロール出来なくなったことで、引き起こされやすい傾向があるということです。

 

ノンコンタクトで怪我率が高い怪我として、前十字靭帯の怪我が代表的です。

前十字靭帯を怪我する多くの原因は、いつもは難なく出来ていた着地とか切り返しです。

着地や切り返しの時に、いつもなら膝周りの筋肉でしっかり耐えられていたのに、疲労なんかで筋肉が弱ると、耐えられず体重が膝にかかってしまい、その結果、プチっといきます。

 

捻挫なんかも、ノンコンタクトでの怪我はそういうことが原因で起こります。

 

なんですが、こういう怪我は、後半に疲労が濃くなって体にキレがなくなってからだと、

そもそも怪我するほどの勢いが出ないので、スプリントの頻度や切り返しの頻度時代が下がる時間帯では怪我率が若干低くなると考えられます。

 

なので、前半のラスト15分が怪我をする絶好に危機的時間帯になるわけです。

 

一方、ファールタックルによる怪我はなぜ時間帯に影響されず、一定なのでしょうか。

 

それは、ファールタックルによる怪我は避けようがないということだと思います。

ファールのような危険なプレーによってする怪我は、自分が疲労して、筋肉が弱まっているとか、キレがなくなってきているとか、関係ないというわけです。

 

危険なファールを、元気な間なら避けられていたけど、疲れていて避けられなかった。みたいなこともありそうですが、

この結果からすると、元気だろうが疲れてようがファールでの怪我はするときはする。ということです

 

おそらく、ちゃんと危険なタックルを受け身で受けられる選手(ネイマール中心に)は、疲れていても、ファウルタックルによる怪我を避けられるということも言えるわけです。

 

 

まとめ

  • 前半の15−45分、後半の30−45分の時間帯は怪我率増加キャンペーン中。要注意。
  • なので、試合終盤の温存については、後半30分ごろから交代することで怪我率界の第2の魔の時間帯を避けることができる。
  • もし、試合開始15分で試合が決したなら、15分を超える頃には交代させると、サッカーにおける最大の魔の時間帯も回避できる。

 

  • ファールタックルによる怪我は、疲れてなかろうと怪我するときは怪我する。だから、ちゃんと受け身を取れることは大事。
  • 疲労してきたら、ノンコンタクトの怪我に要注意。

 

以上!それでは、どぅい!

トビタテ留学JAPAN 2次面接で見られるコト

f:id:tatsuki_11_13:20171223151619j:plain

こんにちは!

トビタテ7期生のなかたつです!

 

8期の1次審査の結果が先日出たようですね。

早いようで、あれからもう半年が経ってしまった訳です。

 

以前、2次面接の概要について解説した記事の需要がかなり高くなってきたようなので、今回は2次面接でどのようなことを面接官が見ているのかについて個人的な見解を書き足したいと思います!

 

 トビタテが欲しい人材とは

どんな奨学金も大体そうですが、トビタテにも欲しい人材像があって、その人材像に当てはまる人材に投資するのが奨学金というものです。

f:id:tatsuki_11_13:20171223145811j:plain

 

1次審査の記事でも詳しく書いていますし、1次審査を通った人にとっては今更振り返らなくてもいいかもしれませんが、1次審査の応募からも時間が空いていると思うので、まずはトビタテが求める人材像を振り返っておきます。

(※募集要項の「求める人材像」は何度も読み直して頭に刷り込みましょう。)

 

トビタテが求める人材像は、

トビタテの求める人材像とは?

・留学計画が物理的に実現可能か

・日本への還元は何か

・あなたに熱意はあるか

 

ざっくり大きく分けると、この3つです。

 

この人材像に当てはまるトビタテ生を1次審査と2次面接で選考しようとしています。

そのために、1次審査と2次面接に分けて選考することにはもちろん意味があります。

 

1次審査で見ていたこと

f:id:tatsuki_11_13:20171223150147j:plain

1次面接はもう終わっている(はず?)ので、詳しくは書きませんが、1次面接では、足切りの意味合いが含まれます。

(学校名などで機械的に切っている訳ではありません。いろんな学校から合格者が出ているので。)

 

ここで言う足切りというのは、根本的にトビタテの欲しい人材像に留学計画が乗っかっていない人を外すことです。

書面から見るだけで留学計画が無謀すぎるとか、留学後のビジョンが全く日本の為になっていないとか、そういう内容は1次面接で切り落とされます。

 

なんですが、1次審査でオンライン書類と自由記述で読み取れることは限られています。なので、「2次面接でもう少し詳しく内容を聞きたいな。」となるような内容は2次審査でより詳しい話を聞こうかと審査員側では考えると思います。

 

詳しくは、「1次面接で見られていること」を見てもらえると助かります

 

2次審査で見たいこと

f:id:tatsuki_11_13:20171223150218j:plain

1次審査の目的が、根本的にトビタテの求める人材像と異なる人を足切ることでした。

となれば、2次面接にたどり着いているということは、ある程度はトビタテがあなたの留学計画とビジョンに興味を持っているということです。そこは自信持って大丈夫です。

 

では、その興味ある留学計画・ビジョンの中から、より投資したい留学計画を選りすぐるために、トビタテが2次面接をする意味は何なのかというと、1次審査では読み取りきれなかった部分を、面接を通して読み取ろうという訳です。

 

具体的には、

  • 留学計画・ビジョンのより詳細で具体的なところ
  • それを実現するだけのパーソナリティーがあなたにあるのか

 

という部分を、面接を通してトビタテは見ようとしています。

 

7期の選考と同じなら、2次面接は個人面接とグループディスカッションの2つで構成されていると思います。

 

なぜ、個人面接とグループディスカッションに分けて、面接審査を行うのか。と言うことを考えると、

 

2種類の面接の目的は?

 

・個人面接

あなたの留学計画・ビジョンに対の気になることに対して質問して、より具体的な部分を聞き出すこと。

その留学計画に対してどのような考えや気持ちを持っているのか。

 

・グループディスカッション

留学計画・ビジョンを実現するだけの人間性を持ち合わせているか

 

ということをそれぞれ目的にしているからです。

 

繰り返しになりますが、トビタテは、

  • その留学計画の実現可能性があるか
  • その留学後のビジョンで何を日本に還元できるのか
  • あなたの熱意

を、1次審査と2次面接を通して見ています。

 

そして、2次面接では、留学計画・ビジョンのより具体的な部分あたなのパーソナリティーなどをより詳しく読み取った上で、留学計画の実現可能性や日本への還元をより詳細に評価しようじゃないか。という訳です。

 

2次面接は現実的に

1次審査を通って、「2次面接に向けて留学計画をもっと魅力的にしないと!」と思ってしまう人がいると思うんです。

(自分も、学校の先生に浮き足立つなと指摘されました。笑)

 

なんですが、1次審査を通った時点で、トビタテはある程度あなたの留学計画に興味を持っています。大丈夫です。

 

むしろ、2次面接でトビタテが見ていることは、その留学計画が本当に実現可能なのか。本当にあなたがそのビジョンと還元をできるだけのパーソナリティーがあるか。という具体的なところです。

 

新たに、色んな要素を付け加えて留学計画の内容をより魅力的にすることは否定しませんが、

一度、自分の留学計画・ビジョンを客観的に見て、本当に実現できるのか。と言うことを自分に問いかけてみてください。

 

 

最後は情熱

f:id:tatsuki_11_13:20171223152501p:plain

実現可能性をしっかり示しましょうということを散々言っていますが、そんなこと言ったって実際に行ってみないと分からないことばっかりで、

「そんなの、行ってみて壁にぶち当たってからなんとかします!」

としか言えないんですけど。と言う人もいると思うんです。

 

というか、留学先の海外では予想外のことが起きる方がむしろ普通です。

トビタテもそのことは分かって考慮していて、「実現可能性」という言葉の中には、予想外の困難を乗り切れるかどうか。ということも含まれます。

 

それを判断する材料は何か、というとそれは

「情熱」

です。

 

なので、実現可能性が説明しきれない!って場合は、「壁にぶち当たったら、その壁をグーパンで殴り潰すまでです!!」という感じの情熱で押し切ってしまえば大丈夫です。

 

もちろん、具体的に説明できることは重要です。それに越したことはありません。

 

ですが、それだけでは留学の成功が実現しないこともトビタテは考慮しているので、最後は、「やって、やれば、やれるんです!」と押し切る情熱も重要かと思います。

突然ですが、ボヤき日記始めます。

f:id:tatsuki_11_13:20171222003454p:plain

皆さん、こんばんは。
なかたつです。

 

突然なんですが、、、、


ボヤき日記を始めようと思います!!!

 

これまで、情報社会の波に波乗りして、皆さんに有益な情報を届けることに価値を見出して、ブログをやっていたのですが、本日、ひょんなキッカケがありまして、


「あ、そうだ。ボヤこう。」


と、なりました。

 

 

そんな、ひょんなキッカケがこちら

f:id:tatsuki_11_13:20171222003624j:plain
「人生、楽しく生きろ」

 

こんなものが机引き出しの奥地に潜んでいたのを見つけた訳です。

A4の紙にたったの9文字(読点含む)しかないこの紙は、何かと言いますと、恥ずかしながら中1の自分が自分に向けて書い書いた手紙です。
※小1ではありません。

 

こういう自分への手紙って普通は、

 

「20歳の自分へ。この頃はこんな事考えててー、将来これこれ目指してるんだけど、実際はどうですかー?」

 

みたいなこと書きません?笑

13歳のガキが、21歳に向かってかなり偉そうに命令したかと思えば、何やこの薄っぺらい内容は。

 


なんですけど、自分的には何書いてんだ俺はって思いつつも、どこか、なんか感慨深かったんですよね。この若干9文字が。

 

もう自分も21歳で、社会のこととか徐々にではありますけど理解したと自負してます。特に社会の黒い部分が見えてきますよね。

 

周りの学生はみんな口を揃えて、

 

「来年から社会人かー。」
「今が人生最後の長期休みかー。」

 

とか言ってます。

 

なんか、13歳の自分は将来そんな状況になるのを分かっていたかのように感じるぐらい、今の自分が心の奥底で失っていたパーツをピンポイントではめ込まれたような気持ちになったんですよね。

 

まー、13歳のガキンチョはほんと単純に思った事を書いたんだと思うんですけどね。笑

そういうガキンチョだったので。

 

 

ということで、あーだこーだ考えてブログするのもいいけど、それだけじゃなくてもいいなってなったので、ボヤき始めます。

 

内容はほんと、思った事をそのまま書きます。

まー、ブログってTwitterとかと違って選んで見てもらうものなんで、うるさいとか言われる筋合いもないと思うので。

 

世間に対する自論を述べたりもすると思うんですけど、それはただの持論なので根拠もなければ信憑性もないかもしれません。ご注意あれ。

 

ただ、テキトーなこと言うので批判は大歓迎です。
と言っても、バカなんじゃないの。とか言われても分からないタチなので、どの点について批判しているのかだけでも付け加えていただけると返信する気がまだ起きます。

 

それでは、ア〜ドゥ〜

f:id:tatsuki_11_13:20171222003647j:plain
(ちなみに裏面。バカじゃねーの笑)

オランダ渡蘭記10話「留学中って何くってんの?」編

f:id:tatsuki_11_13:20171023135853j:plain

皆さん、こんにちは。

本日はついに、このオランダ留学の第1期目の最終日となってしまいました。

 

まー最終日と言っても、今日は寝坊せずに起きて、忘れ物せずに家を出て、間違えずに電車に乗って、順当に飛行機に乗るだけなんでないも同然なんですが。

 

最終日なんでまとめかなっと思うじゃないですか。まだ、まとめませんよ。笑

大体、こういうのは気を抜いた頃にアクシデントが起こるように世の中はプログラムされてると思うので、無事帰宅したらまとめます。

 

というわけで、今回はテーマを捻り出した結果「飯」について書くことにします。

 

続きを読む

オランダ渡蘭記9話「休暇でドイツを満喫してきた。」編

f:id:tatsuki_11_13:20171004001937j:plain


皆さん、こんにちはー

前回、オランダ留学も残すところあと4日と言って、頑張らなあかんわー。とか言ってましたが、ブログも頑張って更新します。

(目標の10話まであと2話。よし。)

 

前回は何と楽しいハプニングだらけの電車旅をお届けしましたので、今回はドイツ、フランクフルトに着いてからの休暇っぷりをご紹介します!

 

続きを読む

オランダ渡蘭記8話「バケーションを取ってみた。」編

f:id:tatsuki_11_13:20171018220526j:plain

 

皆さんこんにちは!

オランダ留学も残すところあと4日になって参りました。2ヶ月の短い留学期間の中で何が出来たかなぁと思い返すと、、、

ラスト4日間頑張るしかないですね。頑張ります。

 

ところで、自分はオランダ留学に来ているわけですが、ボスが2週間のバケーションを取っていた時期が途中にありまして、その時期に自分も2日だけバケーションを取ろうということになりました!というか、しました。笑

 

という訳で、ドイツに会いたい人がいるので、そのついでにドイツに行ってきました!

という話です。

 

続きを読む

欧州のスポーツクラブの日本との違い

f:id:tatsuki_11_13:20171105220356j:plain

みなさん、こんにちは!

この度、名前を"タツ"から"タチ"に改名知る事にしたタチです。

理由はと言いますと、オランダ人、"ツ"が発音出来なくて"タチ"って呼ばれるです。

だからです。

 

まーそんなどうでもいい話はさて置き、今回は日本と欧州(オランダ)のスポーツクラブの違いを紹介して行きたいと思います!

 

今度の来年の2月からスポーツクラブで研修する予定で、この夏にオランダで研修先を当たるついでに色んなスポーツクラブを見て来ました。

そこで感じた、欧州のクラブチーム、特にアマチュアクラブチームのここが日本と違う!ということです。

 

続きを読む

オランダ渡蘭記7話「オランダのスポーツクラブやべぇ」編

f:id:tatsuki_11_13:20171004001854j:plain


みなさん、こんにちは!

色々あって、留学最後に慌てふためき始めたのでなかなか更新できませんでしたが、移動時間にちょいちょい書いて無事、第7話完成にたどり着きました!

(10話ぐらい書こうと思ってたのに、後2週間でまだ7話。焦ります。)

 

前回、オランダ留学の実践活動を紹介しましたが、今回はその内の1つ、

「スポーツクラブの視察」について紹介します!

 

続きを読む

トビタテ!留学Japanの1次審査の倍率って??

f:id:tatsuki_11_13:20170925090540j:plain

こんにちは!

トビタテ7期生で、オランダは"s-Hertogenbosch"よりお送りしております!

 

8期の1次審査も大詰めかなと思いますが、そういえば自分が1次審査の時期に一番気になっていたこと、

「1次審査の倍率ってどんなもんなん?」

っていう話をしようと思います。

今更感は否めませんが、まーそういうことは言わないでください。笑

 

一次審査についての他の記事は下をどうぞ↓

トビタテ!留学Japanの1次審査で見られるコト - Football道

トビタテ留学JAPANの1次審査の申請にした準備 - Football道

トビタテ!留学Japanの1次審査を通過するには~自由記述の書き方~ - Football道

トビタテ!留学Japanの1次審査~オンライン申請書類の書き方~ - Football道

 

続きを読む

トビタテ!留学JAPANの1次審査の申請にした準備

f:id:tatsuki_11_13:20170918073100j:plain

トビタテ応募を検討している人も、検討していない人も、こんにちは!

トビタテ7期生としオランダからお送りしております!

 

8期の募集も今月末で締め切りだということで、トビタテに応募しようとしている人はもうすぐ締め切りだけど自由記述ってどうすればいいの書類のこと誰に相談したらいいの。

などなど。色々と悩ましい時期じゃないでしょうか。

 

という訳で、これまで自分は1次審査でどのようなことが求められているかを書いていましたが、今回は、経験談的に自分が1次審査までにした準備を紹介したいと思います!

続きを読む

オランダ渡蘭記5話「トビタテ生の実践活動とは?」編

 f:id:tatsuki_11_13:20170916061303j:plain

こんにちはー!皆さん!

語学学校でオランダ語を勉強しておりますが、フランス語圏の人ばかりでフランス語なまりのオランダ語に苦労させられひじょーにストレスが溜まっております!! 

そりゃね。留学たって勉強ですから、ストレスの1つや2つは溜まりますよ。そりゃ。

 

そんな訳で!

トビタテ生の実践活動ってどんなんなの??ってことで、

まだ具体的にどんなことしてるのか紹介していなかったので、5話にして今更感が凄いですが、自分の実践活動の予定をざっと紹介して行きます!

 

次回からはもっと詳細に書いて行くので、まずはざっくり行きやす!

 

続きを読む

オランダ渡蘭記6話「一方、インターン先は最高だぜ」編

f:id:tatsuki_11_13:20170916061547j:plain


みなさんこんにちは!

オランダ留学も4週目、1ヶ月を迎えようとしております。

オランダ語の学習具合に焦りつつ、けど頑張って詰め込めば出来るもんでもない語学の難しさに直面しております

 

そんな状況ですが、トビタテ生として1番に紹介しなければ行けない、「実践活動」の部分について紹介しない訳にはいかないので、します。

 

いつもはふざけてますが、やっぱり、やる時はやるやらない時は全力でふざける

それがモットーな人間なんで、今回は真面目に書きます。

 

実践活動もいくつかやろうと思ってることがあるんですが、とりあえず初回の今回はメインの活動になるクリニックのインターンシップについてです!

 

続きを読む

オランダ渡蘭記4話「語学学校はつらいよ」編

f:id:tatsuki_11_13:20170902202656j:plain

オランダ留学も2週間が過ぎました

一言でこの2週間をまとめると、泣きそうです。もうメンタルが。。。。

 

オランダ語の語学学校、チョイスミスってマジで授業について行けんし。

いや、予習していけよ!って思うじゃないですか。ついて行けなさがそんなレベルじゃないんですよ。

 

という訳で、今回は語学学校について行けない言い訳をします。

 

続きを読む